借金の落とし穴

「借金」と聞くと、とても嫌な響きですが、人生の中でお金に苦労することは誰しもあるものでしょう。
無いと断言出来る人は、非常に限られています。
この借金を苦にして自殺を試みたり、借金が苦しくて強盗をしたりと、借金を理由にいろいろな事件が起こります。
原始時代の物々交換の時代には起こり得ない事です。
世の中お金社会になってしまった為に起こってしまう現象でしょう。
どこかの占い師が「人生お金で苦労するのなんて当たり前だ」と断言していました。
そうなのか、と多くの人が安心することはでしょう。
そのくらい、お金の悩みは人にも言いたくない嫌なものです。

景気の良かった昔では、給料は毎年上がるもの、年を取れば若い頃よりも収入が増えて貯金もあり、良い生活を送って老後を迎えるという未来図が描けました。
しかし、どんどん景気がわるくなり、収入は減っていくもの、もしくは突然無くなるもの、というような不確かなものになってしまいました。
そうすると、足りなくなるとそれ以上働く時間も無いので、どうしようもない状況に陥ってしまいます。
一時しのぎのつもりで一月分借りて、改善されずにまた翌月、と先延ばしにしてしまい、芋づる式に借金額が膨らんでいくのです。

誰しも「自分に限ってそんなバカな結末にはなるわけがない」などと思っているので、現実を認めたくないのです。
よって対策を先延ばしにし、取り返しがつかない状況になってしまうことが多いのです。


≪Special Link≫
借金が膨れ上がってしまい返済不能になってしまった方が法律家に無料で相談出来るサイトです→ 借金

Copyright © 2014 借金の怖さ All Rights Reserved.